審査に要する時間に差があるのは何故?

消費者金融の審査が早い理由

お金を貸し出す前の審査は、なにも審査員の裁量だけで行われているわけではありません。
金融機関ごとの違いはあるものの、それぞれ一律の基準において公平に審査が行われるように決められた法則があるのだといいます。
消費者金融ではこの法則をシステム化することで、必要事項を入力すればその情報が点数に換算されて融資可能な点数の範囲内にあるかどうかを瞬時に判断することができるようになっているといいます。

加えて貸出の条件となる総量規制についてもコンピューターで簡単に判断することができますし、消費者金融の場合は勤務先に対する在籍確認の電話も社会保険証の提出などで代用する場合もあるといいますから、審査時間を大幅に短縮することができるのです。

このようなことからみても審査期間の短い資金サポートといえば、消費者金融カードローンの右に出るものはいないと言っても差し支えはないでしょう。

銀行系カードローンの審査期間は長い?

カードローンには消費者金融によるものと銀行が主体になっているものとがあります。
どちらも同じようなものに思えますが、審査の方法などに違いがあるため片方では借りることができなくてももう一方では融資を受けることができたという事例も存在しているのです。

基本的に銀行系カードローンの方が低い金利でお金を借りることができる分、審査は厳しくなっているのです。
カードローンを申し込むと、記入してある勤務先に本当に在籍しているのかどうか連絡が入るそうですが、その日が休業日にあたってしまうと確認が取れないので審査が長引いてしまうのです。
その際に審査員が電話の理由を明かすことはないと言いますが、誰にも知られたくない場合は不安にもなってしまうでしょう。
その点、消費者金融なら電話確認についても相談に応じてくれると言います。


▲ TOPへ戻る