お金を調達するための色々な資金サポート

融資を受けるときに審査が必要な理由

金融機関がお金を融資する際には、必ず審査が行われることになっています。
お金を貸し出すことが仕事であるとはいえ、無制限に誰にでも貸し出しを行っていたのではお金を返してもらえないという問題が多数発生してこの職業が成り立たなくなってしまうのです。
そのような危機的状況を回避するためにも金融機関は融資をする前にその人の社会的信用度などを調査して返済が可能かどうかを見極めているのだといいます。

ちなみにこの審査基準については公表されておらず、金融機関ごとに異なっているといいます。
一般的には消費者金融のカードローンよりも銀行系カードローンの方が審査基準が厳しいと言われており、その中でも大手の消費者金融と手を組んでいる銀行系カードローンより信販会社に審査を任せているような銀行系カードローンの方が審査が厳しくなっていると言われています。

一般的な審査基準について

融資を行う際の判断材料とされている一番のポイントは、信用情報の照会を行った時にマイナスの要素が出てこないかどうかだといいます。
他にも複数の所からお金を借りているという事実だったり期日通りに返済が行われていない履歴などは、調べたらすぐに分かってしまうのです。
お金を借りる人の背景としては収入が不安定なパートやアルバイトよりも公務員や正社員で、かつ同じ会社に長く勤めている人の方が有利だといいます。
また給料については金額よりも毎月決まった収入があるということの方が重要視されるといいますし、家族を養う責任があることから未婚者よりも既婚者の方が信用されやすい傾向にあるとも言われています。

早期の審査通過を望むなら、できるだけこれらの不安要素は取り除いておいた方がいいでしょう。


▲ TOPへ戻る