お金を調達するための色々な資金サポート

多額のお金を融資してくれる金融機関だからといっても、無限にお金が湧き出てくるような泉があるという訳ではありません。 貸したお金を滞りなく全額返済してくれる相手かどうかをきちんと見極めることが必要な金融機関は、そのためにどのような対策をとっているのでしょうか?

消費者金融の特徴と注意点

銀行よりも審査基準が甘くお金が借りやすいという消費者金融のカードローンですが、たくさんの種類がありますのでしっかりと比較した上で自分にあった物を選ぶ必要があるといいます。 急にお金が必要になった時にできるだけ早く審査を通すためのコツについて調べてみましたので、紹介していきたいと思います。

審査に要する時間に差があるのは何故?

お金を貸してもらう方法といえば消費者金融や銀行のカードローン、あとはクレジットカードのキャッシングなどが思い浮かぶと思います。 審査の内容が金融機関によって異なっているため、審査のために要する時間にも差が生じてしまうのだといいます。 具体的にはどのような点が違っているのでしょうか?

おすすめリンク

名古屋で資金調達する方法

名古屋で起業を考えている方必見!資金調達の方法で、起業前、もしくはすぐの人にお勧めの方法。

借入の際に重視される内容とは

資金を必要としているのが個人なのか法人なのかによっても資金サポートの選択肢は変わってくるようです。

個人の場合は一番手っ取り早い方法として、近親者や知人からお金を借りることになるかもしれません。
この方法だと書類を作成したり煩わしい手続きを省くこともできるので、すぐにお金を手にすることができてとても便利です。
ただ、身近な人にお金を借りてしまうと対等な付き合いを続けることが難しくなってしまうという問題が生じてしまいます。
一方、銀行などからお金を借りる場合はビジネスライクな関係なので期限通りにきちんとお金を返済していれば余計な気を使う心配はありません。
しかし銀行の融資を申し込むと厳しい審査を受けることになるので実際にお金が振り込まれるまでには少し時間がかかってしまうようです。

法人に対する資金サポートには日本政策金融公庫の創業補助金や普通貸付などもあるといいます。
創業補助金は借入金とは違うので返済する必要がないというのが何よりのメリットですが、厳しい審査が行われることや落選する可能性もあるということがネックだと言えるでしょう。
普通貸付に関しては、起業してから7年以内の会社であり事業主の性別や年齢が条件に見合っていれば7200万円までの融資を受けることも可能だといいます。
これらの日本政策金融公庫による資金サポートを受けるための審査には1ヶ月前後を要すると言いますから、どちらも急を要する場合には不向きな方法だと言えそうです。

では審査期間が短く、緊急の場合に対応できるような資金サポートとはどのようなものなのでしょうか?

▲ TOPへ戻る